You are currently browsing the archives for 1月, 2018

最近よく聞く「不倫」について思うこと

§ 1月 28th, 2018 § Filed under 恋愛 最近よく聞く「不倫」について思うこと はコメントを受け付けていません。

ここ数年、ワイドショーを支える一つの話題として芸能人や政治家の不倫といった問題が挙げられます。不倫問題を取り上げていれば視聴率を稼ぐことができると計算しているのかもしれませんが、殆どが週刊誌の後追い報道であり、一度槍玉に上がると一週間以上はネチネチと取り上げるため、見ていてうんざりします。

不倫報道が事実だと判明すると、彼らは決まって謝罪会見を開きます。世間も彼らを厳しく糾弾しますが、私にはこうした一連の流れが理解できません。

というのも、彼らが不倫をしたからといって私たちの生活に何か損でもあるというのでしょうか。不倫したタレントをテレビ番組に起用したからといって我々が損をすることもありませんし、さらに言えば国会の場で答弁をしていても国政を揺るがすようなことはありません。だというのに、どうして躍起になって不倫した者を叩き、謝罪を要求するのでしょうか。

私はおそらく、不倫への羨望の裏返しではないのかと考えています。

不倫をしてみたいがそんな勇気はない、相手がいないといった人間が「道徳」や「倫理」を振りかざし、正義を騙って不倫叩きをしているのではないでしょうか。

道徳や倫理に反するというのは確かに正論です。犯罪ではないから、法律に触れないからというのは幼稚な言い訳であり、不倫をするということは認められてはいけない行為です。

だからといって我々には直接関係ない人間の不倫を必死になって叩き、戒めるような行為は滑稽に映ります。

とはいえ、実際に自分の周りに不倫をしている者がいた場合、それを戒めることができるでしょうか。

あるとき私の上司が私を食事に連れて行ってくれました。私に対するその方の信頼は公私ともに厚いもので、私を信用して話してくれたのだと思いますが、自分は不倫をしているということを自慢げに話されました。その方は家庭を大切にしていて子煩悩であることが社内でも有名であり、私もそういったイメージを持っていたため驚きを隠せませんでした。

不倫を楽しんでいることを自慢げに話す一方、こういう関係をいつかは清算しなくてはならないがタイミングが分からず、今の今まで関係を継続してしまったと懺悔するように私へと悩みを打ち明けました。

いくら信頼関係があるとは言え、典型的な縦社会である我が国では上司に対しての諫言などもってのほかであり、私は上司に対して同調するようなことしか言えませんでした。

それからも上司は不倫関係を解消するには至らず、未だに私に助けを求めてきます。彼は本当にいい人ですが、不倫を重ねることで自ら蒔いた種であり私にはどうすることもできません。

悩みながらも他の女性と逢瀬を重ねる上司を見ていると、不倫には特別な魅力があり、一度その味をしめてしまうと麻薬のようにやめられないものなのだと思いました。より公的な立場である芸能人や政治家も発覚すれば地位を失うリスクを背負ってでも不倫をやめられないことに、上司の不倫話を聞き理解はできませんが納得させられる部分もありました。

転職をしてきた好みの男性と不倫の関係になってしまいました

§ 1月 10th, 2018 § Filed under 恋愛 転職をしてきた好みの男性と不倫の関係になってしまいました はコメントを受け付けていません。

私が勤める会社に男性社員が関連企業から転職をしてきました。関連企業からの転職で彼には彼にしか分からない悩みが多かったのだと思います。転職してきた当初は元気だった彼が段々元気がなくなり、会社を休んだのです。体調が悪いから休むとの電話連絡を私が受け、出勤してきた課長に伝えました。

彼は地方から単身赴任をしている男性で、体調が悪いのに一人では心許ないだろうと心配になりました。彼は私の席の隣にデスクがあって、しかも私好みの男性でした。彼が会社に転職してきてから私も会社での仕事が少し楽しくなっていたのです。そんな彼が会社を休み心配で、電話に残った番号を頼りに彼に電話を入れました。

電話が私からと分かった彼は、元気そうな声で「心配をしてくれて、ありがとう。大夫良くなったので時間があったら一緒に食事に付き合って貰えませんか。」といい彼に誘われました。私は彼と待ち合わせ食事をすることにしました。スーツ姿に見慣れ手板私は、彼の私服姿にも心を奪われてしまいました。

転職をしてストレスも溜まっていたので「チョット、サボった」と打ち明けた彼とお酒を飲み、不倫の関係に。会社では素知らぬ顔で仕事をしていますが、デスクの下でソッと手を繋いでみたり、始まったばかりの不倫の関係を楽しんでいます。

マイホームは中古より新築

§ 1月 10th, 2018 § Filed under お役立ち マイホームは中古より新築 はコメントを受け付けていません。

マイホームを持つことを夢に働いている人も少なくないと思います。東京都心でも中古の物件であれば、比較的購入しやすい値段の物件があります。

しかしマイホームは新築に拘る人もいます。何と言っても綺麗ですし、新たな気持ちで生活をすることができます。予算がないと都心での購入は難しいのですが、穴場は武蔵村山市 新築です。

武蔵村山は環境が良い街として知られております。安いお店も多いので1人暮らしをする若者も沢山います。新築でも料金が安い理由は交通便があまり良くない点です。しかし車を所持していれば全く問題ありませんし、バスや自転車で近くの駅に移動することも可能です。

総合的に判断しても、かなりのお買得な物件だと思います。今現在は安く購入することが可能ですが、数年後には確実に値上げすると言う人もいるので、購入するのであれば今がチャンスです。

幅広い世代の人から支持されているので、マイホームの購入を検討されている方は武蔵村山市の物件も候補に入れると良いです。

転職をすることの体験談の記事

§ 1月 6th, 2018 § Filed under お役立ち 転職をすることの体験談の記事 はコメントを受け付けていません。

50歳の高齢での転職を余儀なくされている方は本当に今の世の中でもおおいのではないのでしょうか?実際に周りでも転職を余儀なくされているケースがかなりあります。それは、どういった現状なのでしょうか?特に今の世の中国家公務員以外は本当に激務や特にひどいのは退職金もままならずに企業が名狩野強さをもっていますので、簡単にはやめさせてくれないなどといったバブルのような時代では現代はないのですよね。ですから必要なくなれば、すぐにでもエントラスセンできるわけでしょね。しかしながら50歳の転職で何かを自分なりに事業を起こすことはかなりのリスクがあります。

体力的も限界がありますので、また実際には掃除といったら底辺の仕事と思われがちですが本当に今ではかなり高齢者の方もこの道でいきているかたもたたいます。この清掃といった転職は私は尊敬しますし素晴らしいと思います。人のやくにたつことができる。またえんのしたのちからもちそんざいでありながらも、しっかりしたながつずきがかのうであることもいえます。また書道の先生でもいいのではないのでしょうか。本当に色んなチャンスがあるのですよね。あきらめないことは大切です。生き方ですよね。