夜霧のタクシードライバー

§ 2月 3rd, 2019 § Filed under お役立ち 夜霧のタクシードライバー はコメントを受け付けていません。

酩酊状態から、泥酔状態へ。
そんな移行をしながら終電車の待つ駅にトボトボと歩いて向かっていました。
すると、案の定と言うか、余裕を持ちすぎたと言うか、ほんのもう少しのところで、終電車が発車してしまいました。
自宅までは16km程。
到底、歩けるような距離ではなかったものの、妙に気持ちのよい夜風にそそのかされ、少し歩いてみることにしました。
しかしながら、そんなのは持って数分のことでした。
お酒のせいで、体も思うように言うことを聞かないし、何より、辛い。
出費を抑えたい気持ちもありましたが、タクシーを捕まえる事にしました。
ただ、駅からは随分と離れてしまったものですから、なかなか捕まらない。
高速で走り去るタクシーは、どれも賃走のネオンを掲げていました。
もう少し歩いたところで、一台のタクシーが止まってくれました。
目的地を告げると、その地域に住んでいたことがあったと、気さくに話しかけてくれたタクシードライバーの方は、比較的にご高齢。
転居したばかりで自身の住む土地に対する知識も関心も薄かったのですが、とても興味を引く話ばかりでした。
そして、目的地に到着すると、「またご縁があれば、呼んで下さい。お陰で懐かしい土地に立ち寄ることができました」と、あたかも私が良いことをしたような口振りで言葉を掛けてくれた。
深夜のタクシー、決して安いものではないのだけれども、素敵な出会いもあるものです。

Comments are closed.